30代 女性

WEBライターと名乗っていいのかまだわからないほど経験は浅いのですが、私がWEBライターを目指そうと思った経緯をお話しします。

現在年長になる軽度の発達障害をもった子供が一人います。

今は幼稚園生活にもなれ、何とか普通に通えているのですが、それでも園からの電話や行事があるたびにぐずりや癇癪があります。

小学校に上がってからもきっとこういったことは続くと思います。

人のいるトイレに入れないという症状もあるので今後は小学校の保健室でお母さんが待機するということにもなるかもしれません。

現状私は仕事をしていないのですが、これがずっと続くとやはり家計は厳しくなると思います。

安易な考えかもしれませんがWEBライターなら隙間時間で仕事ができ、もし小学校に上がってから私が保健室に待機ということになったとしてもパソコン一つあるなら保健室でも仕事ができるのではと思いました。

子供のことは一番に考えたいけどそれだけでは生活はできないので私にでもできることを少しずつしていこうと思いました。

外で仕事をする方がお給料がいいのはごもっともなのですが、子供の障害は情緒なので突然行きたくなくなったり、休みの日の預かり保育などをとても嫌がります。

きっと小学校に上がっても学童や、夏休みに学校へなんて絶対に無理だと思います。

両親も他県に住んでいるので休みの日にあずけて私が仕事にというのも難しく、主人も仕事が不定休なのであまりたよることができません。

今までも在宅でできる仕事はないかなと色々調べてみてハンドメイドなどをネット販売したこともあります。

2年ほど続けてやっとそれなりに利益が出始めたところで世界的に新型コロナウイルスが流行り始め、全く売り上げがなくなりました。(メインで売れていたジャンルがブライダルや冠婚葬祭で使うものだったので)

こういうことで収入が左右されるのかとびっくりしました。

今後このジャンルがもとに戻るのには時間がかかるかもしれないと思い、WEBライターを見よう見まねで初めて見ました。

パソコンの使い方もあまりよくわからず、募集で書いてあるパソコン用語も理解でず一つ一つネット調べながらの始まりでした。

最初は記事の書き方もよくわからない本当に初心者なのでもちろん記事の単価は低いです。

慣れないパソコンで、それこそ300円の記事1つ作るのに何時間かかるんだというほどかかりました。

外に働きに出られたらすぐの金額になるなとも思います。

でも、子供のこともありますし、外で働くことができないかもしれない可能性も考えて、今はWEBライターで頑張っています。

おすすめの記事